ジャケットのボタン付け


こちらはスーツのジャケットのボタン付けです。
並び、重ねお好みでお付けいたします。重ねは遊び心があってとてもおしゃれです✨
しかし冠婚葬祭では不向きですのでお気をつけください。

今では当たり前にある袖口のボタン。飾りや本開きのもの、数も3個や4個と様々。
このジャケットの袖口のボタンといえば、ナポレオンが考案したという説があります。
ナポレオン軍がロシアへ遠征した時、軍隊を引き連れ厳寒の山中を越える道中、隊員は寒さで垂れる鼻水をジャケットの袖で拭きながら懸命に進軍したそうです。
おかけで袖は鼻水まみれで乾いてもテカテカ😵
それでは格好が悪すぎる!とナポレオン。
戦いに格好が悪いとか必要なのか⁉︎と思いますが相手国を侵略する際に見た目で威圧して強そうに見せ、相手の戦意を喪失させるという、戦略・作戦があったのでナポレオンは鼻水を拭かないように袖口にボタンを付けたそうです。

ボタンの数で階級なども分けていたり、機能はなくても飾りボタンが30個以上ついていた服などがあったりボタンの歴史も奥深いです。

映画“キングスマン”にも出てくるイギリスロンドン、高級紳士服の仕立て屋さんが並ぶ街“サヴィル•ロウ”
日本語の“背広”が“サヴィル•ロウ”から来てるというのも驚きです。オーダーすると1着軽自動車ぐらいするとか😳

劇中の会話でもタキシードの原型とも言われる“スモーキングジャケット”が出てきたり、きっとスーツマニアの方にはたまらない映画なんでしょうね🎬✨

昨日“キングスマン ファーストエージェント”を見たのでちょっとスーツについてあつく語ってしまいました。笑

どんな時でもカッコよく見せるナポレオン精神は見習いたいものです。
ボタンひとつでもオシャレにはかかせないもの。
はずれてしまったり、なくしてしまったりお困りでしたらボタンひとつからお預かりしておりますのでお気軽にご相談ください♪
あなたのオシャレのサポートをいたします!

■ボタン付け1箇所 ¥220〜
■ボタン販売1個 ¥110〜

■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■◻︎■


【入園入学バッグオーダー受付中!】


そろそろ準備をしなくては⁉︎
忙しいママさん、裁縫が苦手なママさんのお手伝いをさせてください!
2点以上おまとめ頂くと10%OFFになります。
こちらは基本料金になりますが、ご指定のデザインが複雑なものは金額が変わる場合もございます。
お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ♪
直前のオーダーですとお急ぎ料金がかかりますのでお早めのオーダーをお勧めします!

■基本オーダー価格■
⚫︎巾着小     ¥880
⚫︎巾着大/お弁当袋 ¥1,320
⚫︎シューズケース ¥1,650
⚫︎レッスンバッグ ¥2,750

※材料費別。基本材料はお持ち込みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です